日本各地の特長について、紹介する番組を見ていると、沖縄に対して非常に良い印象を受けます。
現在のような寒い季節でも暖かい気候で暮らせることはもちろん、何より生活費が安いのがいいですよね。
例えば、本土でも島でも、かなり広い物件でリフォームを自分ですることを条件にかなり安く借りられる場所があったりしますし、食堂でも安く食べられます。
まるで、海外の南国にいるかのような気候の中で、生活費をあまり取られずに暮らせるのですから、夢のような場所ですね。
しかし、物価が安いと如何してもデフレみたいなイメージになってしまいます。
もちろん、暮らしていてお金がかからないのですから、多少待遇が良くなくても暮らすことは出来ますが、例えば薬剤師のような資格が必要で引く手のある仕事の場合、如何しても待遇を求めたくなるものです。
そこで、色々調べてみたのですが、沖縄の薬剤師求人でも待遇のいいものが多いことが分かりました。
少しインターネットで検索すれば、別に非公開にされているような秘密のものでなくても、サラリーマンの平均年収より断然いいような薬剤師求人がいくつも見つかりますし、これで沖縄の物価で暮らせるのならば、かなりゆとりのある生活が出来るのではないかと、思ってしまいましたね。
もちろん、内容としても大きな薬局から点在しているドラッグストア、そして各種病院などあり、そのバリエーションも多いので、待遇だけではなく仕事の内容を選ぶ事もできるでしょう。
如何しても本州からも九州からさえも、離れた場所にあるので仕事の種類が少ないように勝手に思ってしまいますが、けしてそのような事が無い事が、ちょっと調べてみればよく分かるでしょう。
ある種、物価が安く、気候がよくで誰もがうらやむ場所で資格を利用して仕事が探せる立場というのは、かなり羨ましいかもしれません。
そう考えると、ぎすぎすした都会で薬剤師求人を探すよりも、沖縄に飛ぶと言う選択肢もアリなのかもしれませんね。